JメールやハッピーメールやYYCでパパ活をやることで、肉体関係のいらないパパが探せる事がわかりました。
専門学校に通うともなると、その学費などトータルして200万円近く必要になります。
これを自分で出すことが不可能ですから、何とかパパ探しに成功したいと言う思いでいっぱいになりました。
「とっても安全な出会い系サイトだから、本当に気軽に使えるよ。ただね、相手募集の時の投稿の文章には注意が必要になるの」と言い出しました。
「それはね、お金とか援助とかお小遣いっていう言葉はNGワードで使えなくなっている」
「そんなに厳しいの?」
「うん、私いきなりお金が欲しいって書いちゃったら、アカウント停止させられちゃったんだよね。運営側に問い合わせたところ、お金の書き込みは絶対にダメになっていると言われたの。何とか誤って利用できるようになったけどね」
出会い系サイトも、この辺のところが問題になり警察沙汰となった経緯があるようです。
「だからさ、相手を募集するときは『私の夢を応援してくれる優しい紳士と、食事がしたいと思っています』と書いていくと良いよ」
女の子の応援をしたいと思うような、とっても優しい紳士も存在をしていると言うことでした。
夢を追いかけている女の子の応援をしてくれる、素晴らしい人との出会いもあるかもしれません。
いろいろな話を聞かされて、私も同僚と同じやり方で募集をすることにしました。

 

 デートするだけのパパを募集するため、出会い系サイトに登録しました。
その日から、頻繁に掲示板に募集の投稿を繰り返しました。
これで大きな副収入を得て、専門学校に通って勉強する!その希望を抱きました。

 

 Jメールの投稿を見て、連絡がやってきました。
私にメールをくれた方は、50代の投資家の方でした。
LINE交換もすぐするように言われていましたから、ID交換して通話になりました。
お小遣いが欲しい理由を尋ねられたので、スキルアップのための勉強をしたいと伝えました。
「そういうことなら、会ってみても良いな」と言ってくれ、時間を作ってくれと頼まれました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パパ募集サイトBEST5
パパ募集の成功者に教わったサイト